架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


中谷 涼介(なかたに りょうすけ、1993年10月11日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

リトルリーグで野球を始め、中学時代はシニアに所属し全国ベスト8の実績を残す。

高校は青森県の祐創学院高へ進学。1年秋からエースの座につき、2年春から4季連続で甲子園に出場。最速152キロのストレートを武器に、2年春センバツは準々決勝で中川隼人擁する石川・星洋館高に敗れるまで勝ち進んでベスト8。3年春センバツベスト4、3年夏甲子園ベスト8などの輝かしい実績を残した。

2011年ドラフトでは上位候補のひとりとして注目され、ドラフトでは東海グランパスが1位一本釣りに成功。そのまま入団した。入団当時の背番号は14

プロ入り後

2012年は新人自主トレで肉離れを発症し、春季キャンプでもそのまま二軍スタート。結局この年は体作りに専念し、二軍でも登板が5試合に留まった。

2013年は当初先発で起用されたが、8試合に先発し0勝6敗と全く通用しなかったことから中継ぎ転向を命じられて、後半は中継ぎとして登板数を重ねた。シーズンでは22試合に登板も、この年も一軍出場はなかった。

2014年は二軍で抑えとして38試合に登板し、3勝1敗13セーブ、防御率1.79と好成績をマーク。シーズン終盤の9月には一軍初昇格を果たし、そのまま一軍デビュー。一軍では6試合に登板し、防御率7.20と芳しい成績を残せなかった。

2015年は二軍で38試合に登板。一軍では4試合に登板したが、防御率8.31と不本意な成績に終わった。

2016年は二軍でも34試合で防御率5.12と振るわず、一軍昇格を果たせなかった。

2017年は2年ぶりに一軍登板を果たしたが、1試合に登板し1アウトしか取れず4失点を喫し防御率108.00と低迷。オフに戦力外通告を受け、育成選手として再契約した。

支配下登録復帰を目指した2018年は二軍で4試合、防御率10.80に終わり、オフに戦力外通告を受ける。トライアウトを受験したものの獲得球団は現れず、現役を引退した。

選手としての特徴・人物

高校時代はストレートの最速は152キロを計測したが、2017年現在では146キロにまで落ちている。

持ち球はスライダー、フォークなど。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P

2014 東海 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 5.0 6 1 3 0 0 3 0 0 4 4 7.20 1.80
2015 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 4.1 8 1 3 0 0 2 0 0 4 4 8.31 2.54
2017 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 0.1 4 1 0 0 0 0 0 0 4 4 108.00 12.00
NPB:3年 11 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 9.2 18 3 6 0 0 5 0 0 12 12 11.17 2.48

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 14(2012年 - 2017年)
  • 219(2018年)

関連項目

東海グランパス 2011年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:中谷涼介 | 2位:井上雅哉 | 3位:渡辺和真 | 4位:牧野敬将 | 5位:林佑樹 |
6位:菊池隆信
育成選手選択会議 1位:長田大気 | 2位:小栗孝介 | 3位:佐藤匠
Advertisement