架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


井上 雅哉(いのうえ まさや、1989年8月30日 - )は、千葉県船橋市出身のプロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

中学時代は外野手で、高校進学と同時に投手へ転向。船橋商時代は3年夏の千葉県大会はエースとして好投したが、決勝で敗れ甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は東京六大学・文政大に進学。2年春からベンチ入りし、通算6季で26試合に登板。11勝5敗2セーブ、防御率1.77を記録し、上位候補として注目を集めた。

2011年ドラフトで、東海グランパスから2位指名を受けて入団。背番号は30

プロ入り後

2012年、春季キャンプは一軍スタート。しかしオープン戦でアピールできなかったことから開幕は二軍で迎えた。二軍では当初先発として登板していたが途中からリリーフに回って好投。8月中旬に初めて一軍に昇格し、9試合に登板した。

2013年は開幕一軍入りを果たし、リリーフに専念して46試合に登板。1勝3敗9ホールド、防御率3.57を記録した。

2014年は前年をわずかに上回り47試合に登板。4勝16ホールドを記録し、防御率は3.04と成長の証を見せた。

2015年は自己最多60試合に登板。4勝1敗11ホールド、防御率は初めての2点台となる2.93をマークした。

2016年はプロ初セーブを記録。長島勝広が不振から抑えを外れ、関慶裕ケント・ディクソンが交代で抑えを担当し、スライドしてセットアッパーを任された。この年は52試合に登板し4勝2敗2セーブ16ホールド、防御率は3.34と若干悪化した。

2017年は56試合に登板。ディクソンが抑えに定着した影響で井上も7回に役割を固定され、6勝2敗1セーブ19ホールド、防御率は自己最高の1.79を記録。同年は初のオールスターゲーム出場も果たした。

2018年も引き続き7回を任され、55試合に登板。防御率こそ昨季より悪化したがそれでも2.31と抑え、4勝18ホールドをマークし、優勝・日本一を果たしたチームを支えた。この年通算300試合登板を達成。

2019年は5月に左肘を痛めた影響で、登板機会を大きく減らし32試合の登板に留まる。防御率も4.15と安定感を欠いたが、通算100ホールドを達成した。

2020年は23試合の登板に留まり、一軍定着後では最少となる5ホールド、防御率も4.82と安定感を欠いたシーズンとなった。

2021年は復活を果たし、45試合に登板。2年振りに勝ち星を挙げたほか、通算400試合登板を達成。防御率も2.85をマークした。

選手としての特徴・人物

サイド気味のスリークォーターから最速140キロ台後半のストレートと、キレのあるスライダーを軸に投球を組み立てる。持ち球は他にツーシーム、スクリューボールなど。

小柄ながら感情をむき出しにするピッチングスタイルが持ち味。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P

2012 東海 9 0 0 0 0 0 0 0 1 .--- 6.2 7 1 2 0 1 3 0 0 4 4 5.40 1.35
2013 46 0 0 0 0 1 3 0 9 .250 40.1 43 5 19 0 3 26 1 0 17 16 3.57 1.54
2014 47 0 0 0 0 4 0 0 16 1.000 50.1 44 3 16 0 2 31 1 0 18 17 3.04 1.19
2015 60 0 0 0 0 4 1 0 11 .800 61.1 56 4 18 1 0 47 2 0 22 20 2.93 1.21
2016 52 0 0 0 0 4 2 2 16 .667 56.2 57 3 19 0 2 37 1 0 24 21 3.34 1.34
2017 56 0 0 0 0 6 2 1 19 .750 55.1 38 2 16 0 2 44 1 0 13 11 1.79 0.98
2018 55 0 0 0 0 4 2 1 18 .667 50.2 46 1 13 0 2 45 0 0 14 13 2.31 1.16
2019 32 0 0 0 0 1 3 0 15 .250 30.1 33 4 6 0 0 18 1 0 14 14 4.15 1.29
2020 23 0 0 0 0 0 0 0 5 .--- 18.2 20 2 8 0 0 12 1 0 10 10 4.82 1.50
2021 45 0 0 0 0 2 1 0 12 .667 41.0 39 4 12 1 2 29 0 0 15 13 2.85 1.24
NPB:10年 425 0 0 0 0 26 14 4 122 .650 411.1 383 29 129 2 14 292 8 0 161 139 3.04 1.24

タイトル

表彰

記録

  • オールスターゲーム出場1回(2017年)

背番号

  • 30(2012年 - )

関連項目

東海グランパス 2022
監督 74 安達真一郎
一軍
コーチ
77 高垣雅久(ヘッド) | 78 大森尚哉(投手) | 88 成田寿浩(投手) | 72 大嶺嘉久(打撃) |
83 吉川立美(打撃) | 84 中里賢(内野守備走塁) | 85 大石秀彦(外野守備走塁) |
87 岡崎一矩(バッテリー) | 92 小川猛也(コンディショニング) |
93 栖原直哉(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
75 伊地知嘉治(監督兼外野守備走塁) | 73 青木祐一郎(投手) | 76 山口敦哉(投手) |
86 長谷川元樹(打撃) | 80 早川照信(打撃) | 89 脇谷良照(内野守備走塁) |
84 水沢孝人(バッテリー) | 94 日笠裕典(コンディショニング)
三軍監督
・コーチ
71 北村昇平(監督兼外野守備走塁) | 79 小山忠久(投手) | 82 近藤凌介(打撃) |
96 松原拓哉(内野守備走塁)| 91 高橋淳(バッテリー) | 95 高橋雅人(コンディショニング)
投手 11 関慶裕 | 12 藤井祥平 | 14 櫻井政康 | 15 藤澤雅親 | 16 柿原翔也 | 17 新井優翔 | 18 桑原雄大 |
19 丹羽大賀 | 20 尾崎輝 | 21 安達峻 | 23 アンダーウッド | 28 伊藤脩紀 | 29 マルシオ | 30 井上雅哉 |
31 村田怜 | 32 山本悠太 | 33 十文字蒼空 | 34 大崎聖弥 | 36 高橋勝紀 | 40 河合基博 | 41 西郷悠輔 |
43 浦田尚成 | 44 中田陸 | 48 風間由伸 | 49 ライアン | 51 原田貴典 | 55 青野慧太 | 60 平野翔悟 |
63 重本駿斗 | 65 高瀬知規 | 66 マーティンJr | 67 大野翔 | 69 アリアス | 70 荒木直矢 | 98 花田広生
捕手 2 結城智也 | 22 子日貴啓 | 38 西尾隼汰 | 52 原敬志朗 | 57 山内航基 | 62 水谷徹
内野手 0 ラファエル | 1 清水聖貴 | 3 中野和之 | 5 小野塚将崇 | 6 桜井将希 | 9 渡辺和真 | 10 安川昂平 |
24 渡辺翔太 | 47 高谷祐希 | 50 川島陽太 | 53 坪内加津佐 | 54 祖父江優也 | 59 杉山悠生 |
61 森本洸佑 | 64 日吉健汰 | 68 マルティネス | 97 佐藤涼真
外野手 4 スアレス | 7 新田拓也 | 8 上田真悟 | 25 稲垣大翔 | 35 ロドリゴ | 37 牧野敬将 |
42 バーネット | 45 山名星芽 | 46 吉竹力弥 | 56 原口陽太 | 58 石渡直樹
育成選手 201 広沢武蔵(投手) | 202 千田健太郎(捕手) | 203 小倉塁(捕手) | 204 三浦剛(内野手) |
205 太田一星(外野手) | 206 川野宏成(外野手) | 207 岩城俊也(外野手) |
208 木村良樹(内野手) | 209 林瑞樹(外野手) | 211 杉山達之助(外野手) |
213 笹野裕生(投手) | 215 嶋孝太(投手) | 216 大下将俊(投手) | 218 北村蓮(投手) |
219 田尻照喜(投手) | 220 丸山竜平(内野手) | 223 尾形幸太郎(投手) |
224 中島朋樹(内野手) | 225 松尾維斗(投手) | 239 藤本真人(投手) |
241 ミランダ(投手) | 242 バルデス(外野手)
東海グランパス 2011年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:中谷涼介 | 2位:井上雅哉 | 3位:渡辺和真 | 4位:牧野敬将 | 5位:林佑樹 |
6位:菊池隆信
育成選手選択会議 1位:長田大気 | 2位:小栗孝介 | 3位:佐藤匠
Advertisement