架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


佐藤 祥吾(さとう しょうご、1991年2月28日 - )は、栃木県那須郡那珂川町出身のプロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

中学入学と同時に野球を始め、当初は捕手。のち投手に転向した。栃木大附属高では1年秋からベンチ入り。2年秋からはエースを務めたもの、甲子園出場はならなかった。

栃木大に進学後は1年秋からベンチ入りし、翌2年春からエースとして活躍。特に4年春のリーグでは7試合に登板して43.1投球回を投げ、自責点2の防御率0.42を記録してスカウトからも注目を集めた。

2012年ドラフトでは愛媛ブルークラウンズから3位で指名され、入団。

プロ入り後

ルーキーイヤーの2013年は春季キャンプで一軍に抜擢されたものの、途中で脇腹を痛めリタイア。二軍でも制球に苦しんだが、シーズン終盤の消化試合に一軍昇格。そのまま先発登板でデビューを飾ったが、3回4失点で敗戦投手となった。

2014年は投球フォームをこれまでのワインドアップからセットポジションに変更し、二軍では先発ローテを担って防御率2点台と安定した投球を披露。一軍には5月、7月に先発要員として昇格し、計6試合に先発。しかし1勝4敗と振るわずに定着できず、9月の消化試合でみたび一軍に昇格した時は敗戦処理での登板に留まった。

2015年は二軍では先発として登板したものの、一軍でのリリーフ不足からそれを補充するために中継ぎとして昇格。そのまま自己最多16試合に登板し、防御率3.86とまずまずの成績を記録した。

2016年は右肩痛もあり、4試合登板に留まる。

2017年は開幕こそ二軍で迎えたものの、この年習得した縦のスライダーがハマって二軍では12試合に登板して自責点0の好投を見せる。そのまま一軍に昇格すると、シーズンが終了するまで一軍に帯同し自己最多を更新する33試合に登板。3年ぶりの白星をマークしたほか、初ホールドを含む5ホールドを記録した。

2018年は開幕一軍入りを果たしたが、開幕から調子が上がらず一時は防御率が8点台に悪化。5月に一度登録を抹消されるが、二軍では18試合に登板し防御率2.57と安定した成績を残し、7月下旬になって一軍へ復帰。復帰後は見違えるような投球を見せて、最終的には22試合登板、防御率4.55とした。

2019年は前年より登板数を1試合だけ増やし、27試合に登板。防御率4.15と前年より数字を良化させ、プロ初セーブをマークした。

2020年は安定感を欠き、22試合の登板で防御率5.64に終わった。

2021年は自己最多を更新する38試合に登板。5ホールドを挙げ、防御率も3.19を記録した。

選手としての特徴・人物

スリークォーターから最速148キロのストレート、縦に落ちるスライダーを軸にカーブ、シュート、チェンジアップなどを投じる。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P

2013 愛媛 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 3.0 3 1 3 0 0 2 1 0 4 4 12.00 2.00
2014 8 6 0 0 0 1 4 0 0 .200 33.0 30 3 14 1 0 25 1 0 20 19 5.18 1.33
2015 16 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 16.1 15 1 6 0 1 10 0 0 7 7 3.86 1.29
2016 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 3.1 3 1 2 0 0 2 0 0 3 3 8.10 1.50
2017 33 0 0 0 0 1 2 0 5 .333 35.1 32 2 11 1 0 27 2 0 17 16 4.08 1.22
2018 26 0 0 0 0 0 2 0 6 .000 27.2 31 3 11 0 0 21 0 0 16 14 4.55 1.52
2019 27 0 0 0 0 1 0 1 5 1.000 30.1 32 5 8 0 1 21 0 0 15 14 4.15 1.32
2020 22 0 0 0 0 0 0 0 6 .--- 22.1 25 3 8 0 1 14 1 0 14 14 5.64 1.48
2021 38 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 36.2 34 2 13 1 1 30 0 0 15 13 3.19 1.28
NPB:9年 175 7 0 0 0 3 10 1 27 .231 208.0 205 21 76 3 4 152 5 0 111 104 4.50 1.35

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 48(2013年 - )

関連項目

愛媛ブルークラウンズ 2022
監督 75 大野泰隆
一軍
コーチ
74 薬師寺慶和(ヘッド) | 76 山田知史(投手) | 72 太田拓矢(投手) | 77 河野雅裕(打撃) |
78 田崎直哉(打撃) | 81 鶴岡優太郎(内野守備走塁) | 84 黄川田和史(外野守備走塁) |
73 富田達哉(バッテリー) | 91 中尾周平(コンディショニング) |
92 高崎富久雄(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
88 林佳彦(監督) | 83 大島寿憲(投手) | 86 長瀬雅毅(投手) | 87 平井一基(打撃) |
71 武藤博史(打撃) | 89 東川晃弥(内野守備走塁) | 80 奈良康介(外野守備走塁) |
85 高野久雄(バッテリー) | 95 松尾賢志(バッテリー補佐) |
93 田中潤児(コンディショニング) | 94 田端勇士(コンディショニング)
投手 4 ケリー | 11 西村悠祐 | 13 宮本俊 | 14 岡本研吾 | 15 横山優一郎 | 16 山田恭平 | 17 小林貴将 |
18 小野田達也 | 19 藤林貴裕 | 20 鈴木涼 | 21 藤尾賢介 | 23 澤野航大 | 24 仁科陽 | 26 谷沢信幸 |
28 ハミルトン | 31 山本翔樹 | 33 森克秀 | 35 青山慶一郎 | 36 八木武揚 | 37 中村栄佑 | 38 ジョセフ |
41 安藤大暉 | 44 長野達哉 | 45 ガリクソン | 47 岩井翔 | 48 佐藤祥吾 | 50 柳沢朝陽 | 54 加藤航平 |
58 武本紫龍 | 59 橋本祥太郎 | 60 鎌田優希 | 66 清水寛幸 | 68 吉川健吾
捕手 3 斎藤昌磨 | 22 西井隆也 | 32 廣田侑季 | 49 石井昌人 | 57 豊永将斗 | 65 大本怜人 | 69 山下涼
内野手 00 谷麟平 | 2 桃井健太 | 5 大熊貴典 | 7 宮野大智 | 8 神崎眞吾 | 9 安田脩平 | 10 木谷真太郎 |
12 福永恭也 | 25 麻生晃汰 | 29 富樫颯斗 | 30 小山田大樹 | 39 布施大輔 | 40 山岡大夢 |
46 山崎佑生 | 52 田島虎太郎 | 56 永澤佑磨 | 67 バーンハート
外野手 0 千葉愛斗 | 1 阿部泰史 | 6 畠山将平 | 27 豊島将吾 | 34 船田雄太郎 | 42 ルイーズ | 43 中嶋晋平 |
51 長谷川斗真 | 53 大村麗音 | 70 河野翔希
育成選手 101 芦田勘太(内野手) | 102 森山比呂(捕手) | 103 田村晨(外野手) | 111 高林敦也(投手) |
113 萩尾悠登(投手) | 114 島田拓二郎(投手) | 115 朝井冬馬(投手) | 116 宇賀地秀隆(投手) |
117 本堂來芽(投手)
愛媛ブルークラウンズ 2012年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:xxx | 2位:布施大輔 | 3位:佐藤祥吾 | 4位:中村栄佑 | 5位:石井昌人
育成選手選択会議 1位:香川啓太 | 2位:泉大河
Advertisement