架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


原 遼馬(はら りょうま、1996年1月4日 - )は、愛知県あま市出身の元プロ野球選手(内野手)。

来歴

プロ入り前

中学時代は軟式野球部に所属して外野手を務め、海部翠陽高に進学後遊撃手に転向。俊足を武器に1番打者を務め、3年夏の県大会ではチームは3回戦で敗退したものの、その3試合で10打席連続安打を記録した。

2013年育成ドラフトで、東海グランパスから4位指名を受けて入団。背番号は204

プロ入り後

2014年は春季教育リーグでいきなり左足骨折の重傷を負い、そのまま二軍公式戦にも出場することなくシーズンを終えてしまう。2015年に2年目にして二軍公式戦デビューを果たしたものの、8試合のみの出場に終わっている。

2016年は18試合、打率.071に終わる。

2017年は二軍で7試合のみ、この年創設された三軍では全50試合に出場し打率.264を記録している。

2018年は二軍で9試合、三軍で37試合の出場に終わり、オフに戦力外通告を受けて現役を引退した。

選手としての特徴・人物

50m5.8秒の俊足を誇る。非力な打撃が課題。

詳細情報

年度別野手成績

  • 一軍公式戦出場なし

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 204(2014年 - 2018年)

関連項目

東海グランパス 2013年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:野村将大 | 2位:桜井将希 | 3位:結城智也 | 4位:木村真司 | 5位:藤澤雅親 |
6位:桑原雄大 | 7位:新田拓也
育成選手選択会議 1位:荒木直矢 | 2位:平崎敦士 | 3位:工藤光磨 | 4位:原遼馬
Advertisement