架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


安川 昂平(やすかわ こうへい、1989年6月3日 - )は、東京都江戸川区出身のプロ野球選手(内野手)。

来歴

プロ入り前

野球を始めた当初は投手だったが、関東実業高時代に二塁手へ転向。チームは1年夏と3年夏に甲子園へ出場し、安川も出場を果たしている。3年夏の甲子園では準々決勝まで進んだものの、椎木渉を擁した茨城・常磐学館に敗れてベスト8となっている。高校時代のチームメイトには荒井耕太がいた。

関東大に進学後は3年春からベンチ入り。入学当初は高校から引き続き二塁手でプレーしていたが、2年先輩の小野塚将崇が卒業したのに伴って、本職がサードだった1年後輩の布施大輔をファーストや外野に追いやってサードとして出場した。50m5.7秒の俊足で1番打者として活躍したが、プロから声はかからなかった。

その後、社会人野球・JSI東日本へ入社。ここでも主に三塁手として活躍し、都市対抗と日本選手権に2年連続で出場。都市対抗は2年ともベスト4、2013年日本選手権はベスト8入り。2013年ドラフトでは大阪ゴールドモンキーズから2位指名を受けて入団し、直後の日本選手権では優勝を果たしている。

大阪ゴールドモンキーズ時代

2013年はオープン戦で出場機会を与えられるが活かすことが出来ず、開幕を二軍で迎える。二軍では主に遊撃手、二塁手をこなし内野のユーティリティーとして実戦経験を積み、5月下旬に初の一軍昇格。そのまま俊足を買われて代走要員として、シーズン終了まで一軍に定着した。最終的には48試合に出場し、打率.263を記録した。

翌2015年は打撃成績が振るわず23試合出場、2016年も27試合出場で打率.216に留まった。2016年オフに平塚涼濱田篤司との交換トレードで細川直樹とともに東海グランパスへ移籍した。

東海グランパス時代

移籍1年目の2017年はそのユーティリティー性を買われて開幕から一軍に定着。内野の複数ポジションをこなす守備力と俊足でチームに貢献し、自己最多54試合に出場。打率こそ.217と振るわなかったが、サブ要員として存在感を見せたシーズンとなった。

2018年もサブ要員として1年間を通してほぼ一軍に常駐し、52試合に出場。二遊間のレギュラーを務める渡辺和真桜井将希がスタメンを外れる際にはその代わりに名を連ねることもあった。打率も前年より上昇させ、チームのリーグ優勝・日本一を陰の立役者となって支えた。

2019年は自己最多57試合に出場。打撃も存在感を見せ、自己最高の打率.279に自己最多5打点をマークした。オフに背番号を10に変更した。

2020年は東海移籍後では最少の41試合出場で、打率も.217と振るわなかった。

選手としての特徴・人物

50m5.7秒の俊足が武器。守備はその機敏さを生かして内外野の全ポジションを守ることが出来る。

詳細情報

年度別野手成績

















































O
P
S

2014 大阪 48 45 38 10 0 1 0 11 1 5 2 3 0 3 0 1 6 1 .263 .333 .316 .649
2015 23 26 22 4 0 0 0 4 0 3 1 2 0 2 0 0 8 0 .182 .250 .182 .432
2016 27 40 37 8 1 0 0 9 2 2 0 0 0 3 0 0 6 1 .216 .275 .243 .518
2017 東海 54 55 46 10 1 0 0 11 1 2 0 4 0 4 0 1 14 2 .217 .294 .239 .533
2018 52 65 62 14 1 0 0 15 3 5 2 1 0 2 0 0 14 1 .226 .250 .242 .492
2019 57 97 86 24 4 0 0 28 5 4 1 4 0 7 0 0 19 1 .279 .333 .326 .659
2020 41 68 60 13 2 0 0 15 5 4 2 3 0 4 0 1 14 1 .217 .277 .250 .527
NPB:7年 302 396 351 83 9 1 0 94 17 25 8 17 0 25 0 3 81 7 .217 .293 .268 .561

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 22(2014年 - 2016年)
  • 40(2017年 - 2019年)
  • 10(2020年 - )

関連項目

東海グランパス 2022
監督 74 安達真一郎
一軍
コーチ
77 高垣雅久(ヘッド) | 78 大森尚哉(投手) | 88 成田寿浩(投手) | 72 大嶺嘉久(打撃) |
83 吉川立美(打撃) | 84 中里賢(内野守備走塁) | 85 大石秀彦(外野守備走塁) |
87 岡崎一矩(バッテリー) | 92 小川猛也(コンディショニング) |
93 栖原直哉(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
75 伊地知嘉治(監督兼外野守備走塁) | 73 青木祐一郎(投手) | 76 山口敦哉(投手) |
86 長谷川元樹(打撃) | 80 早川照信(打撃) | 89 脇谷良照(内野守備走塁) |
84 水沢孝人(バッテリー) | 94 日笠裕典(コンディショニング)
三軍監督
・コーチ
71 北村昇平(監督兼外野守備走塁) | 79 小山忠久(投手) | 82 近藤凌介(打撃) |
96 松原拓哉(内野守備走塁)| 91 高橋淳(バッテリー) | 95 高橋雅人(コンディショニング)
投手 11 関慶裕 | 12 藤井祥平 | 14 櫻井政康 | 15 藤澤雅親 | 16 柿原翔也 | 17 新井優翔 | 18 桑原雄大 |
19 丹羽大賀 | 20 尾崎輝 | 21 安達峻 | 23 アンダーウッド | 28 伊藤脩紀 | 29 マルシオ | 30 井上雅哉 |
31 村田怜 | 32 山本悠太 | 33 十文字蒼空 | 34 大崎聖弥 | 36 高橋勝紀 | 40 河合基博 | 41 西郷悠輔 |
43 浦田尚成 | 44 中田陸 | 48 風間由伸 | 49 ライアン | 51 原田貴典 | 55 青野慧太 | 60 平野翔悟 |
63 重本駿斗 | 65 高瀬知規 | 66 マーティンJr | 67 大野翔 | 69 アリアス | 70 荒木直矢 | 98 花田広生
捕手 2 結城智也 | 22 子日貴啓 | 38 西尾隼汰 | 52 原敬志朗 | 57 山内航基 | 62 水谷徹
内野手 0 ラファエル | 1 清水聖貴 | 3 中野和之 | 5 小野塚将崇 | 6 桜井将希 | 9 渡辺和真 | 10 安川昂平 |
24 渡辺翔太 | 47 高谷祐希 | 50 川島陽太 | 53 坪内加津佐 | 54 祖父江優也 | 59 杉山悠生 |
61 森本洸佑 | 64 日吉健汰 | 68 マルティネス | 97 佐藤涼真
外野手 4 スアレス | 7 新田拓也 | 8 上田真悟 | 25 稲垣大翔 | 35 ロドリゴ | 37 牧野敬将 |
42 バーネット | 45 山名星芽 | 46 吉竹力弥 | 56 原口陽太 | 58 石渡直樹
育成選手 201 広沢武蔵(投手) | 202 千田健太郎(捕手) | 203 小倉塁(捕手) | 204 三浦剛(内野手) |
205 太田一星(外野手) | 206 川野宏成(外野手) | 207 岩城俊也(外野手) |
208 木村良樹(内野手) | 209 林瑞樹(外野手) | 211 杉山達之助(外野手) |
213 笹野裕生(投手) | 215 嶋孝太(投手) | 216 大下将俊(投手) | 218 北村蓮(投手) |
219 田尻照喜(投手) | 220 丸山竜平(内野手) | 223 尾形幸太郎(投手) |
224 中島朋樹(内野手) | 225 松尾維斗(投手) | 239 藤本真人(投手) |
241 ミランダ(投手) | 242 バルデス(外野手)
大阪ゴールドモンキーズ 2013年ドラフト指名選手
1位:紀藤雄介 | 2位:安川昂平 | 3位:安達峻 | 4位:松下亮介 | 5位:xxx | 6位:xxx
Advertisement