架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


山田 恭平(やまだ きょうへい、1986年12月13日 - )は、長野県長野市出身のプロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

中学時代は軟式野球部に所属し、投手として県大会優勝の実績を持つ。長野北高に進学後、すぐにエースとして活躍し、3年間君臨した。ストレートの最速は140キロ前後ながら、キレがあり大きく曲がるカーブを武器に県内屈指の好投手として知られ、3年春センバツ・夏の甲子園に2季連続出場。ともに初戦敗退ながら、ともに9回を投げ切って計3失点に留めるなど隠れた好投手として注目を集めた。

2004年ドラフトでは4巡目で東京ライオンズに指名されて入団。

東京ライオンズ時代

プロ3年目の2007年にプロ初登板初先発を記録。3回を投げ2失点で勝ち負けつかずだった。翌2008年は先発3試合を含む6試合に登板し、プロ初勝利を記録した。

2009年からはリリーフとして頭角を現し、この年は17試合に登板。翌2010年は27試合に登板し、防御率4.25、3ホールドを記録した。

2011年は2年ぶりの先発登板を含む11試合に登板したが、未勝利に終わる。2012年はリリーフとして11試合に登板し、勝ち負けつかずの成績だった。オフにxxxとの交換トレードで愛媛ブルークラウンズへ移籍。

愛媛ブルークラウンズ時代

移籍1年目の2013年は先発要員として期待され、オープン戦でアピールしたことで開幕ローテ入りを果たすが、4試合に登板し1勝止まりに終わったこともあって4月下旬には二軍に降格。二軍ではリリーフとして調整し、7月に再昇格した後はリリーフとして25試合に登板。リリーフでは安定感を取り戻し、最終的に防御率3.61とした。

2014年は1試合に先発したほかは全てリリーフで、33試合に登板。3勝を記録し、防御率3.32を記録した。

2015年は開幕一軍入りを果たし、2試合に登板したが、2試合目の登板途中に右肘側副靭帯を断裂。4月中旬にトミー・ジョン手術を受け、以降一・二軍ともに登板がなかった。

2016年は昨季のトミー・ジョン手術の影響が尾を引き、一軍登板はならなかった。

2017年は復活し、リリーフとして20試合に登板。4年ぶりにホールドを記録した。

2018年は前年を上回る22試合に登板。2014年以来4年ぶりの勝利投手も記録した。

2019年はキャリアを通して最多の36試合に登板して通算200試合登板を達成し、1勝4ホールドをマーク。防御率は3.55とまずまずで、一軍に定着したと言えるシーズンだった。

2020年は34試合に登板、プロ初セーブをマークする。防御率も3.28と結果を残し、ブルペン陣を支えたシーズンとなった。

選手としての特徴・人物

最速144キロのストレートと大きく割れるカーブを軸に、スライダー、チェンジアップ、シンカー、シュートなど多彩な変化球を操る軟投派。当初はサイドスローに近いスリークォーターだったが、手術以降は腕の位置を上げている。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P

2007 東京 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 3.0 3 1 1 0 0 1 0 0 2 2 6.00 1.33
2008 6 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 17.1 17 2 5 0 0 9 1 0 12 11 5.71 1.27
2009 17 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 19.0 18 1 6 0 1 12 1 0 11 11 5.21 1.26
2010 27 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 29.2 27 2 10 1 0 20 2 0 14 14 4.25 1.25
2011 11 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 19.0 18 1 7 0 0 10 0 1 11 10 4.74 1.32
2012 11 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 12.1 11 0 5 0 0 7 1 0 6 6 4.38 1.30
2013 愛媛 29 4 0 0 0 2 2 0 3 .500 47.1 44 1 14 1 1 30 3 1 21 19 3.61 1.23
2014 33 1 0 0 0 3 0 0 0 1.000 38.0 35 2 11 0 1 22 0 0 15 14 3.32 1.21
2015 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 2.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.50
2017 20 0 0 0 0 0 0 0 2 .--- 22.0 22 1 6 0 0 19 1 0 11 10 4.09 1.27
2018 22 0 0 0 0 1 0 0 6 1.000 28.0 24 2 8 0 1 18 0 0 14 13 4.18 1.14
2019 36 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 38.0 39 1 8 0 1 24 0 0 16 15 3.55 1.24
2020 34 0 0 0 0 1 2 1 6 .333 35.2 36 2 10 0 0 16 0 0 13 13 3.28 1.29
NPB:13年 249 13 0 0 0 10 8 1 25 .556 311.1 295 16 91 2 5 188 9 2 146 138 3.99 1.24

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 16(2013年 - )

関連項目

愛媛ブルークラウンズ 2022
監督 75 大野泰隆
一軍
コーチ
74 薬師寺慶和(ヘッド) | 76 山田知史(投手) | 72 太田拓矢(投手) | 77 河野雅裕(打撃) |
78 田崎直哉(打撃) | 81 鶴岡優太郎(内野守備走塁) | 84 黄川田和史(外野守備走塁) |
73 富田達哉(バッテリー) | 91 中尾周平(コンディショニング) |
92 高崎富久雄(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
88 林佳彦(監督) | 83 大島寿憲(投手) | 86 長瀬雅毅(投手) | 87 平井一基(打撃) |
71 武藤博史(打撃) | 89 東川晃弥(内野守備走塁) | 80 奈良康介(外野守備走塁) |
85 高野久雄(バッテリー) | 95 松尾賢志(バッテリー補佐) |
93 田中潤児(コンディショニング) | 94 田端勇士(コンディショニング)
投手 4 ケリー | 11 西村悠祐 | 13 宮本俊 | 14 岡本研吾 | 15 横山優一郎 | 16 山田恭平 | 17 小林貴将 |
18 小野田達也 | 19 藤林貴裕 | 20 鈴木涼 | 21 藤尾賢介 | 23 澤野航大 | 24 仁科陽 | 26 谷沢信幸 |
28 ハミルトン | 31 山本翔樹 | 33 森克秀 | 35 青山慶一郎 | 36 八木武揚 | 37 中村栄佑 | 38 ジョセフ |
41 安藤大暉 | 44 長野達哉 | 45 ガリクソン | 47 岩井翔 | 48 佐藤祥吾 | 50 柳沢朝陽 | 54 加藤航平 |
58 武本紫龍 | 59 橋本祥太郎 | 60 鎌田優希 | 66 清水寛幸 | 68 吉川健吾
捕手 3 斎藤昌磨 | 22 西井隆也 | 32 廣田侑季 | 49 石井昌人 | 57 豊永将斗 | 65 大本怜人 | 69 山下涼
内野手 00 谷麟平 | 2 桃井健太 | 5 大熊貴典 | 7 宮野大智 | 8 神崎眞吾 | 9 安田脩平 | 10 木谷真太郎 |
12 福永恭也 | 25 麻生晃汰 | 29 富樫颯斗 | 30 小山田大樹 | 39 布施大輔 | 40 山岡大夢 |
46 山崎佑生 | 52 田島虎太郎 | 56 永澤佑磨 | 67 バーンハート
外野手 0 千葉愛斗 | 1 阿部泰史 | 6 畠山将平 | 27 豊島将吾 | 34 船田雄太郎 | 42 ルイーズ | 43 中嶋晋平 |
51 長谷川斗真 | 53 大村麗音 | 70 河野翔希
育成選手 101 芦田勘太(内野手) | 102 森山比呂(捕手) | 103 田村晨(外野手) | 111 高林敦也(投手) |
113 萩尾悠登(投手) | 114 島田拓二郎(投手) | 115 朝井冬馬(投手) | 116 宇賀地秀隆(投手) |
117 本堂來芽(投手)
Advertisement