架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


岩井 翔(いわい しょう、1990年7月11日 - )は、千葉県佐倉市出身のプロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

小学生時代に野球を始めた当初から投手を務め、中学時代はシニアリーグに所属。

興慶大柏に進学後は、1年時で既に140キロを計測する速球を武器に1年夏からベンチ入りし、秋からはエースの座に就く。2年夏にはエースとしてチームを甲子園に導き、本選では初戦の2回戦、そして3回戦を連続完封で勝利。ベスト8で神坂郁祐桜井将希を擁しこの年優勝する愛媛・東宇和高に敗れはしたものの、この大会でプロのスカウトから将来のドラフト1位候補として注目を集めた。

3年夏の大会では直前で肘を痛めたこともあり、県大会4回戦で敗退し甲子園出場を逃す。この年のドラフトでは、愛媛ブルークラウンズが3位で指名した。

プロ入り後

ルーキーイヤーの2009年は昨年に痛めた肘の治療に専念するため、一・二軍を通して登板なし。

2010年に実戦復帰し、二軍では先発として19試合に登板し8勝5敗の好成績を記録。シーズン終盤には一軍デビューを果たし、2試合に登板した。

しかし2011年は春季キャンプ中に投球イップスを発症。その治療のために1年を棒に振り、またしても一・二軍を通して登板がなかった。

2012年も序盤まではイップスに悩まされたが、懸命の努力で完治に成功。6月からは二軍に復帰し、そしてシーズン終盤には2年ぶりに一軍登板も果たしてプロ初勝利も記録した。

2013年は先発ローテ候補として期待され、開幕ローテに割って入るものの2試合で炎上し二軍に降格。二軍では敵なしのピッチングを見せて8月下旬に再び一軍復帰すると、5試合で3勝負けなしと立て直した。

2014年は当初先発として4試合に登板したものの、途中から崩壊したリリーフ陣を立て直すために救援に回った。救援では19試合に登板し、2ホールドを記録した。

2015年は中継ぎ一本で登板し、43試合に登板。2勝3敗11ホールド、防御率3.05を記録した。

2016年は当初セットアッパーとして期待され、その期待通りに前半戦までに11ホールドを記録。後半戦からは、不調で守護神の座を外されたxxxに代わって抑えの座に就き、プロ初セーブを含む14セーブを記録した。

2017年は1年間通して抑えとして起用。自己最多を更新する66試合に登板し、3勝負けなしの37セーブを記録。防御率は1.69を記録し、本格的にブレイクを果たした。

2018年も抑えとして安定感を維持し、62試合に登板して2勝1敗、35セーブを記録。またこの年、自身初となるオールスターゲーム出場を果たした。

2019年は57試合に登板。防御率2.44と昨季よりは安定感を欠いたものの、それでも5勝1敗32セーブをマーク。通算300登板、100セーブを達成した。

2020年は55試合に登板。防御率2.21を記録し、5勝32セーブをマークして通算150セーブを達成した。

選手としての特徴・人物

ストレートの最速は152キロ。先発時代はスライダー、カーブ、フォークを軸に組み立てていたが、ストレートのスイング率が低い水準で球数がかさみ長いイニングを投げられないでいた。

抑え転向後はカーブを封印し、スライダーとスプリットの2つに絞っている。またフォーム改造に着手し、ストレート、スプリットの空振り率が高い水準になった。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P

2010 愛媛 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 4.2 3 0 5 0 0 3 1 0 6 6 11.57 1.71
2012 4 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 18.0 12 2 14 1 1 14 0 0 13 11 5.50 1.44
2013 7 7 0 0 0 3 2 0 0 .600 37.0 31 1 14 1 2 25 6 0 18 16 3.89 1.22
2014 23 4 0 0 0 2 3 0 2 .400 41.0 38 2 11 1 1 33 4 0 19 16 3.51 1.20
2015 43 0 0 0 0 2 3 0 11 .400 41.1 32 1 11 0 1 40 3 0 15 14 3.05 1.04
2016 56 0 0 0 0 5 1 14 13 .833 55.0 42 2 11 1 3 59 4 0 16 14 2.29 1.02
2017 66 0 0 0 0 3 0 37 6 1.000 64.0 51 0 14 0 3 69 4 0 15 13 1.83 1.02
2018 62 0 0 0 0 2 1 35 8 .667 61.0 56 1 16 1 2 64 3 0 15 14 2.07 1.18
2019 57 0 0 0 0 5 1 32 6 .833 59.0 54 2 14 2 1 56 1 0 16 16 2.44 1.15
2020 55 0 0 0 0 5 1 32 3 .833 57.0 56 2 14 1 2 55 0 0 15 14 2.21 1.23
NPB:10年 375 17 0 0 0 28 16 150 49 .636 438.0 375 13 127 8 16 418 26 0 148 134 2.75 1.15

タイトル

表彰

記録

  • オールスターゲーム出場:3回(2018年 - 2020年)

背番号

  • 47(2009年 - )

関連項目

愛媛ブルークラウンズ 2022
監督 75 大野泰隆
一軍
コーチ
74 薬師寺慶和(ヘッド) | 76 山田知史(投手) | 72 太田拓矢(投手) | 77 河野雅裕(打撃) |
78 田崎直哉(打撃) | 81 鶴岡優太郎(内野守備走塁) | 84 黄川田和史(外野守備走塁) |
73 富田達哉(バッテリー) | 91 中尾周平(コンディショニング) |
92 高崎富久雄(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
88 林佳彦(監督) | 83 大島寿憲(投手) | 86 長瀬雅毅(投手) | 87 平井一基(打撃) |
71 武藤博史(打撃) | 89 東川晃弥(内野守備走塁) | 80 奈良康介(外野守備走塁) |
85 高野久雄(バッテリー) | 95 松尾賢志(バッテリー補佐) |
93 田中潤児(コンディショニング) | 94 田端勇士(コンディショニング)
投手 4 ケリー | 11 西村悠祐 | 13 宮本俊 | 14 岡本研吾 | 15 横山優一郎 | 16 山田恭平 | 17 小林貴将 |
18 小野田達也 | 19 藤林貴裕 | 20 鈴木涼 | 21 藤尾賢介 | 23 澤野航大 | 24 仁科陽 | 26 谷沢信幸 |
28 ハミルトン | 31 山本翔樹 | 33 森克秀 | 35 青山慶一郎 | 36 八木武揚 | 37 中村栄佑 | 38 ジョセフ |
41 安藤大暉 | 44 長野達哉 | 45 ガリクソン | 47 岩井翔 | 48 佐藤祥吾 | 50 柳沢朝陽 | 54 加藤航平 |
58 武本紫龍 | 59 橋本祥太郎 | 60 鎌田優希 | 66 清水寛幸 | 68 吉川健吾
捕手 3 斎藤昌磨 | 22 西井隆也 | 32 廣田侑季 | 49 石井昌人 | 57 豊永将斗 | 65 大本怜人 | 69 山下涼
内野手 00 谷麟平 | 2 桃井健太 | 5 大熊貴典 | 7 宮野大智 | 8 神崎眞吾 | 9 安田脩平 | 10 木谷真太郎 |
12 福永恭也 | 25 麻生晃汰 | 29 富樫颯斗 | 30 小山田大樹 | 39 布施大輔 | 40 山岡大夢 |
46 山崎佑生 | 52 田島虎太郎 | 56 永澤佑磨 | 67 バーンハート
外野手 0 千葉愛斗 | 1 阿部泰史 | 6 畠山将平 | 27 豊島将吾 | 34 船田雄太郎 | 42 ルイーズ | 43 中嶋晋平 |
51 長谷川斗真 | 53 大村麗音 | 70 河野翔希
育成選手 101 芦田勘太(内野手) | 102 森山比呂(捕手) | 103 田村晨(外野手) | 111 高林敦也(投手) |
113 萩尾悠登(投手) | 114 島田拓二郎(投手) | 115 朝井冬馬(投手) | 116 宇賀地秀隆(投手) |
117 本堂來芽(投手)
愛媛ブルークラウンズ 2008年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:西井隆也 | 2位:xxx | 3位:岩井翔 | 4位:吉田英基 | 5位:xxx | 6位:xxx | 7位:xxx |
8位:xxx
育成選手選択会議 1位:xxx
Advertisement