架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


崎山 皓斗(さきやま ひろと、1994年10月24日 - )は、沖縄県那覇市出身の元プロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

琉球中央大豊見城高では2年秋からエースを務めたが、最高戦績は県大会ベスト4で甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は琉球中央大へ内部進学するが、高校時代から思い描いていた渡米の道を諦めることが出来ず1年夏で中退。そのまま渡米し、メジャー球団との契約を目指して独立リーグで1年半プレーしたが、声がかかることはなかった。

帰国後は東日本リーグ・滋賀と契約し、2年間で抑えとして66試合に登板し22セーブを記録した。2016年ドラフトでは育成2位で愛媛ブルークラウンズに指名された。

プロ入り後

2017年は春季キャンプで肉離れを発症。シーズン中はさらに右肘の違和感を起こし、二軍でも登板がままならなかった。

2018年は中継ぎで12試合に登板し、防御率4.85を記録。

2019年は25試合で防御率4.60に終わり、オフに戦力外通告を受けて現役を引退。

選手としての特徴・人物

最速150キロのストレートが最大の武器。持ち球はスプリットを武器としている。コントロールは荒い。

詳細情報

年度別投手成績

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 116(2017年 - 2019年)

関連項目

愛媛ブルークラウンズ 2016年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:豊島将吾 | 2位:鈴木涼 | 3位:澤野航大 | 4位:麻生晃汰 | 5位:和田凌馬 |
6位:大本怜人
育成選手選択会議 1位:吉川健吾 | 2位:崎山皓斗 | 3位:津田拓巳 | 4位:宇野海飛
Advertisement