この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません
この記事は執筆途中の項目であり、現時点での記事内容は著しく不正確で調べ物の役に立たない状態となっています。編集によって記事内容が大きく変わる可能性もありますので、ご注意ください。


東海グランパス(とうかいグランパス、英:Tokai Grampus)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属する。

球団の歴史(2013年オフ以降)

~2014年

前年度の2013年は70勝70敗4分で4位。オフにドラフトで野村将大を6球団競合の末獲得に成功した。その他、ケビン・クルーズフリオ・アブレイユアントニオ・ゴンザレスを助っ人として獲得している。

シーズンでは、その野村が高卒ルーキーながら先発ローテーションに割って入り11勝をマーク。その他、先発ローテでは神坂郁祐が13勝、高木裕介が10勝をマーク、3人はともに規定投球回にも達している。打線では、野村と同じくルーキーの桜井将希が長らくレギュラー不在だった遊撃手の定位置に定着し、規定打席にはわずか6打席足りなかったものの活躍を見せた。

チームは開幕ダッシュに成功し3・4月に17勝10敗をマークしたが、その後は勝率5割を行ったり来たりで推移。それでも8月を18勝8敗と大きく勝ち越し、最終的には74勝67敗3分、勝率.525の3位で終えた。クライマックスシリーズファーストステージでは福岡と対戦したが、0勝2敗で敗れている。

オフに監督の高島久幸が任期満了で退任し、ヘッドコーチの山崎靖彦が監督に昇格。ゴンザレス、ホセ・メンドーサが退団。戦力外通告を受けていた高橋淳千葉から4年ぶりに復帰し、新たに東北から同じく戦力外通告を受けていた石井憲之を獲得。さらに大阪原田貴典箭内有斗石川岳郎とのトレードで、セットアッパーとしてケント・ディクソン、外野手として金相高を獲得した。

2015年

神戸との開幕戦を5-2で勝利すると、前年と同じく3・4月を18勝9敗の成績で終え開幕ダッシュに成功。しかし交流戦で4勝14敗と大きく躓いて最下位に沈むと、首位を走っていた大阪から突き放された。 投手陣は神坂、野村が2ケタ勝利を記録するも、昨季10勝の高木が無援護に悩まされ6勝止まりと勝ちきれず、また長年抑えを任されていた長島勝広が不振を理由にセットアッパーに回り、ディクソンと関慶裕がダブルクローザーとして後半戦を戦った。

打線は新外国人の金相高がケガもあり全く機能しなかったもののレギュラー陣は大きな故障もなく、高沢好康アンソニー・カブレラ渡辺和真小野塚将崇、桜井、アレックス・バーネット松山亮太の7人が規定打席に到達している。最終的には71勝69敗3分、勝率.507で昨年と同じく3位で終えた。

クライマックスシリーズファーストステージでは横浜と対戦し、2勝0敗と全勝しファイナルステージに進出。しかしファイナルステージでは、この年レギュラーシーズンに優勝した福岡を相手に0勝3敗(アドバンテージを含まず)と全敗し、日本シリーズ進出はならなかった。

オフに神坂がメジャーリーグへポスティング移籍、長らく正捕手を務めていた高沢がFAで広島へ移籍(人的補償として高尾豪洋を獲得)。アブレイユ、金相高が退団し、神戸から大内亮斉藤隆彦とのトレードで、先発候補としてカルロス・フェルナンデスを、主砲候補として林正勲を獲得した。

2016年

神坂、高沢と投打の柱が抜けた影響か、チームは3・4月を8勝19敗と大きく負け越すと5月、6月、7月と4か月連続で負け越しを記録。投手陣は野村が規定投球回に到達し14勝をマークしたほかは先発ローテーションが崩壊し、野村に次ぐ勝ち頭がルーキーの鈴木隆太(5勝)という体たらくを露呈。野手陣も昨季レギュラーを張った桜井、同じく昨季一軍定着を果たしこの年開幕スタメン出場を果たした新田拓也が相次いで5月に離脱すると打線も低調に陥った。最終的に最下位は免れたものの60勝80敗3分の勝率.429で借金20を抱え込み5位に転落している。

オフにクルーズ、カブレラが退団。福岡から戦力外通告を受けていた梶川昇人を、大阪から細川直樹安川昂平平塚涼濱田篤司とのトレードで、先発ローテ候補としてマックス・クーパーを、中継ぎ候補としてウィルマー・ロペスを、外野手レギュラー候補として許政豪を獲得。また三軍創設を発表し、育成選手ドラフトでは球団史上最多となる6人を指名している。

2017年

開幕後の3・4月は11勝15敗1分と開幕ダッシュに失敗したこともあってBクラスに甘んじるが、交流戦後から調子を上げて以降はAクラスに安定して食い込んだ。投手陣ではエース野村以外に規定投球回に到達した投手はいなかったものの、後半戦以降は野村と藤澤雅親桑原雄大荒木直矢の同期4人が先発ローテーションに定着して奮闘。リリーフも関、井上雅哉、ディクソンの勝利の方程式が盤石で、中盤以降の首位争いにも貢献した。打線は新外国人の許政豪が、こちらも中盤以降に成績を上げて打線の核を為し、小野塚が3割30本100打点を記録するなど好調で、9月以降は福岡との熾烈な優勝争いを繰り広げた。142試合を消化した時点で80勝60敗2分とし、首位福岡を0.5ゲーム差で捉えていた。最終戦の福岡との直接対決では惜しくもサヨナラ負けを喫して優勝を逃し、続くクライマックスシリーズでは3位の北海道相手に2連敗で終戦した。

オフにディクソンがメジャーリーグへ復帰、高木が大幅減俸を拒否して自由契約となり北海道へ移籍。トライアウトでは青木祐一郎を千葉から獲得、ドラフトでは新井優翔のクジを引き当てて1位で指名することに成功した。

2018年

オープン戦でエースの野村が肉離れを発症して開幕絶望となったが、その穴を埋めるべく前年先発ローテに定着した藤澤、桑原、荒木が先発ローテーションを担った。春先は打線の調子が上がらず開幕ダッシュには失敗するが、5月以降野村が復帰すると投打の歯車が噛み合い、交流戦は全6球団にカード勝ち越しを決めて球団史上初の最高勝率を記録し、これまで首位にいた福岡を捉えて逆転した。7月以降は福岡との激しい優勝争いを繰り広げるが、この年1番に定着した新田拓也、抑えとして獅子奮迅の活躍を見せた櫻井政康ら若手の奮闘もあって勝利を重ねた。最終戦は2位福岡に1ゲーム差をつけ、勝つか引き分けで優勝の場面で投げてはこの日先発の藤澤が好投、打ってはルーキーで9月に一軍デビューを果たしたばかりの稲垣大翔が決勝打を放つ活躍で福岡に勝利し、2008年以来10年振りのリーグ優勝を果たした。

クライマックスシリーズではファイナルステージで2位福岡を3連勝とスイープ。日本シリーズは広島ユニオンアスレチックスを4勝1敗で破り、同じく2008年以来の日本一を勝ち取った。

2019年

3・4月は開幕ダッシュに成功し首位を快走するが、交流戦で5勝12敗1分とつまづいて福岡レッドユニコーンズに首位を明け渡すと、7月以降は横浜マリナーズ神戸セネタースとAクラス争いを繰り広げた。8月には藤澤雅親が右肩の故障で戦線離脱を強いられるなど負け越して苦戦するが、9月に入ると一転好調となり横浜、神戸を突き放す。最終的には75勝65敗3分、勝率.536で2位に滑り込んだ。

クライマックスシリーズは、ファーストステージは3位の神戸を2勝0敗で下したが、ファイナルステージでは福岡に2勝4敗で敗れて日本シリーズ進出を逃した。

選手一覧(2019年)

首脳陣

一軍

背番号 名前 役職
80 安達真一郎 監督
74 高垣雅久 ヘッドコーチ
88 成田寿浩 投手コーチ
78 大森尚哉 投手コーチ
72 大嶺嘉久 打撃コーチ
83 吉川立美 打撃コーチ
84 中里賢 内野守備走塁コーチ
85 大石秀彦 外野守備走塁コーチ
87 岡崎一矩 バッテリーコーチ
92 小川猛也 コンディショニングコーチ
93 栖原直哉 コンディショニングコーチ

二軍

背番号 名前 役職
83 伊地知嘉治 監督兼外野守備走塁コーチ
73 青木祐一郎 投手コーチ
76 山口敦哉 投手コーチ
86 長谷川元樹 打撃コーチ
80 早川照信 打撃コーチ
89 脇谷良照 内野守備走塁コーチ
81 水沢孝人 バッテリーコーチ
94 日笠裕典 コンディショニングコーチ

三軍

背番号 名前 役職
71 北村昇平 監督兼守備走塁コーチ
91 荒川大輔 投手コーチ
82 吉森和樹 打撃コーチ
96 松原拓哉 内野守備走塁コーチ
97 児玉修一 バッテリーコーチ
95 高橋雅人 コンディショニングコーチ

選手

投手

背番号 名前 投打 備考
11 関慶裕 右右
12 藤井祥平 右右
13 佐藤猛 右右
14 櫻井政康 右右
15 藤澤雅親 右右
16 柿原翔也 右右 19年ドラフト1位
17 新井優翔 左左
18 桑原雄大 右右
19 赤坂貴斗 右右
20 長島勝広 右右
21 川崎修汰 右右
25 クレイグ・アンダーウッド 左左 新外国人
27 野村将大 左左
28 伊藤脩紀 右右
29 鈴木隆太 右右
30 井上雅哉 左左
31 村田怜 右右 19年ドラフト3位
32 山本悠太 右右
33 ジョーイ・テイラー 右左 新外国人
34 大崎聖弥 右右
36 高橋勝紀 右右
39 藤本真人 左左 18年ドラフト2位
40 河合基博 右右 北海道より移籍
43 小山忠久 右右
48 山崎龍太 左左
49 リッキー・ライアン 右両 新外国人
51 原田貴典 左左
55 青野慧太 右右 18年ドラフト4位
60 平野翔悟 右右
67 大野翔 左左
70 荒木直矢 左左
99 ヨアン・オルティーズ 右右 25より背番号変更
201 広沢武蔵 左左 育成選手・19年育成ドラフト1位
210 本田健輝 右右 育成選手
212 花田広生 右右 育成選手・19年育成ドラフト3位
213 笹野裕生 右右 育成選手・18年育成ドラフト1位
214 中田陸 右右 育成選手・18年育成ドラフト5位
217 高瀬知規 右右 育成選手・17年育成ドラフト4位
230 リノ・アリアス 右右 育成選手・新外国人
246 田中蓮斗 左左 育成選手

捕手

背番号 名前 投打 備考
2 結城智也 右右
22 子日貴啓 右左
38 西尾隼汰 右左
52 原敬志朗 右右 18年ドラフト3位
62 中山虎汰朗 右右
63 高橋淳 右右
65 諸木幸市 右右
202 千田健太郎 右右 育成選手・19年育成ドラフト2位
220 松川開人 右右 育成選手
228 岡田雄介 右右 育成選手

内野手

背番号 名前 投打 備考
0 ラファエル 右両
1 清水聖貴 右右 19年ドラフト2位
3 中野和之 右左
4 梶原佳紀 右右 広島から移籍
5 小野塚将崇 右右
6 桜井将希 右左
9 渡辺和真 右右
10 安川昂平 右右 40から背番号変更
24 渡辺翔太 左左
47 高谷祐希 右左
50 内田真吾 右左
53 坪内加津佐 右右
54 祖父江優也 右右
61 森本洸佑 右左 19年ドラフト6位
64 中田秀明 右右
203 伊良部宏次朗 右右 育成選手
221 谷川公太郎 右左 育成選手
224 中島朋樹 右右 育成選手
227 佐藤涼真 右左 育成選手
231 ユニエスキ・マルティネス 右右 育成選手・新外国人

外野手

背番号 名前 投打 備考
7 新田拓也 左左
8 上田真悟 右右 56から背番号変更
26 藤巻崇広 右右
37 牧野敬将 右両
41 近藤凌介 右右 千葉から移籍
42 アレックス・バーネット 右右
45 山名星芽 左左 19年ドラフト4位
56 原口陽太 右左
57 稲垣大翔 右左
61 石渡直樹 右右 19年ドラフト5位
205 長谷部ロドリゴ 右両 育成選手・18年育成ドラフト2位
206 川野宏成 右右 育成選手・18年育成ドラフト3位
211 杉山達之助 右左 育成選手・17年育成ドラフト5位

スタッフ

フロント・スタッフ

名前 役職
細見玄一郎 シニアディレクター
森彰宏 編成部編成チーフ
井上雄一郎 編成部編成次長
松本良平 編成部編成課長
高瀬将利 編成部国際チーフ
安田征洋 編成部国際付通訳
清水恭寛 ファームディレクター
青木敬 メディカルディレクター
本間貴司 一軍マネジャー
辻内亮太 一軍用具担当
荻原俊介 一軍用具担当
田野則文 二軍マネジャー
林佑樹 二軍用具担当
松岡弘治 三軍マネジャー
堤雄輔 三軍用具担当
佐藤丈幸 一軍チーフトレーナー
加藤誠彦 一軍トレーナー
吉田治幸 一軍トレーナー
高橋秀啓 一軍トレーナー
北井悠二郎 二軍チーフトレーナー
田部井誠 二軍トレーナー
桐山章大 二軍トレーナー
石井洋輔 三軍トレーナー
渋谷整治 三軍トレーナー
田中啓人 巡回トレーナー
斉藤茂雄 金鯱寮寮長
廣瀬敬司 金鯱寮副寮長
徳永健太朗 広報
内田憲篤 広報
本田宏毅 広報
大平祐三 通訳
ジョナサン・レポーズ 通訳

スコアラー

名前 担当
金子亮市 チーフスコアラー
森良太郎
今泉蓮
伊佐木尊義
日野竜弥
赤木裕人

スカウト

名前 担当
黒瀬隆嗣 チーフスカウト・東海北信越地区
古川章夫 スカウトデスク
佐藤潤史 スカウト次長・関東地区
倉澤紘一 スカウト次長・関西地区
黒松暁嗣 スカウト課長・関東地区
松村久昌 スカウト課長・九州地区
矢部淳二 スカウト課長・北海道東北地区
田中悠介 東海北信越地区
中田優吾 関東地区
中村顕一 中国四国地区

打撃投手

背番号 名前 備考
101 石田雄太郎 スコアラー兼任
102 南条雄仁 スコアラー兼任
103 曽田龍平 スコアラー兼任
104 高松泰志
105 細川直樹
106 野沢久彦 スコアラー兼任
107 三宅祥吾 スコアラー兼任
108 平松裕仁
109 水谷聡
110 青柳吉広

ブルペン捕手

背番号 名前 備考
111 滝野雄哉
112 魚住正雄 スコアラー兼任
113 戸塚裕之 スコアラー兼任
114 古屋宏嗣 スコアラー兼任
115 内園多賀志

過去に在籍した選手

※2014年以降に在籍した経験のある選手、または2017年以降にグランパスのコーチ・スタッフとして在籍していた選手のみ掲載。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

コーチ

※選手として在籍経験のないものに限る

歴代監督

※2014年以降

関連項目

東海グランパス 2020
監督 74 安達真一郎
一軍
コーチ
77 高垣雅久(ヘッド) | 78 大森尚哉(投手) | 88 成田寿浩(投手) | 72 大嶺嘉久(打撃) |
83 吉川立美(打撃) | 84 中里賢(内野守備走塁) | 85 大石秀彦(外野守備走塁) |
87 岡崎一矩(バッテリー) | 92 小川猛也(コンディショニング) |
93 栖原直哉(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
75 伊地知嘉治(監督兼外野守備走塁) | 73 青木祐一郎(投手) | 76 山口敦哉(投手) |
86 長谷川元樹(打撃) | 80 早川照信(打撃) | 89 脇谷良照(内野守備走塁) |
84 水沢孝人(バッテリー) | 94 日笠裕典(コンディショニング)
三軍監督
・コーチ
71 北村昇平(監督兼外野守備走塁) | 91 荒川大輔(投手) | 96 吉森和樹(打撃) |
96 松原拓哉(内野守備走塁)| 97 児玉修一(バッテリー) | 95 高橋雅人(コンディショニング)
投手 11 関慶裕 | 12 藤井祥平 | 13 佐藤猛 | 14 櫻井政康 | 15 藤澤雅親 | 16 柿原翔也 | 17 新井優翔 |
18 桑原雄大 | 19 赤坂貴斗 | 20 長島勝広 | 21 川崎修汰 | 23 アンダーウッド | 27 野村将大 |
28 伊藤脩紀 | 29 鈴木隆太 | 30 井上雅哉 | 31 村田怜 | 32 山本悠太 | 33 テイラー | 34 大崎聖弥 |
36 高橋勝紀 | 39 藤本真人 | 40 河合基博 | 43 小山忠久 | 48 山崎龍太 | 49 ライアン | 51 原田貴典 |
55 青野慧太 | 60 平野翔悟 | 67 大野翔 | 70 荒木直矢 | 99 オルティーズ
捕手 2 結城智也 | 22 子日貴啓 | 38 西尾隼汰 | 52 原敬志朗 | 62 中山虎汰朗 | 63 高橋淳 | 65 諸木幸市
内野手 0 ラファエル | 1 清水聖貴 | 3 中野和之 | 4 梶原佳紀 | 5 小野塚将崇 | 6 桜井将希 | 9 渡辺和真 |
10 安川昂平 | 24 渡辺翔太 | 47 高谷祐希 | 50 内田真吾 | 53 坪内加津佐 | 54 祖父江優也 |
59 杉山悠生 | 61 森本洸佑 | 64 中田秀明
外野手 7 新田拓也 | 8 上田真悟 | 26 藤巻崇広 | 33 許政豪 | 37 牧野敬将 | 41 近藤凌介 | 42 バーネット |
45 山名星芽 | 56 原口陽太 | 57 稲垣大翔 | 58 石渡直樹
育成選手 201 広沢武蔵(投手) | 202 千田健太郎(捕手) | 203 伊良部宏次朗(内野手) |
205 長谷部ロドリゴ(外野手) | 206 川野宏成(外野手) | 210 本田健輝(投手) |
211 杉山達之助(外野手) | 212 花田広生(投手) | 213 笹野裕生(投手) | 214 中田陸(投手) |
217 高瀬知規(投手) | 220 松川開人(捕手) | 221 谷川公太郎(内野手) |
224 中島朋樹(内野手) | 227 佐藤涼真(内野手) | 228 岡田雄介(捕手) |
230 アリアス(投手) | 231 マルティネス(内野手) | 246 田中蓮斗(投手)
架空野球世界のプロ野球チーム
セントラル・リーグ 東北グリーンブレーブス | 東京ライオンズ
埼玉ヒートファイターズ | 大阪ゴールドモンキーズ
広島ユニオンアスレチックス | 愛媛ブルークラウンズ
パシフィック・リーグ 北海道ホワイトフォックス | 横浜マリナーズ
千葉マリンシャークス | 東海グランパス
神戸セネタース | 福岡レッドユニコーンズ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。