架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


松川 開人(まつかわ かいと、1998年2月20日 - )は、沖縄県宜野湾市出身の元プロ野球選手(捕手)。

来歴[]

プロ入り前[]

沖縄高では遠投100mの強肩を武器に2年秋から正捕手を務めた。3年夏の県大会ではベスト4まで進出したが、伊良部宏次朗を要する宮古島総合学園高に敗れて甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は東日本リーグ・石川に入団。3年で145試合に出場し、2018年には打率.264、2本塁打22打点をマークした。

2018年育成ドラフト6位で、東海グランパスから指名されて入団した。

プロ入り後[]

ルーキーイヤーの2019年は怪我で出遅れ、三軍で32試合の出場に留まった。

2020年は三軍で71試合に出場し、打率.179を記録した。

2021年は初めて二軍に出場したが、支配下登録はならなかった。オフに戦力外通告を受け、現役を引退した。

選手としての特徴・人物[]

遠投100mの強肩が持ち味。

詳細情報[]

年度別野手成績[]

  • 一軍公式戦出場なし

タイトル[]

表彰[]

記録[]

背番号[]

  • 220(2019年 - 2021年)

関連項目[]

東海グランパス 2018年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:大崎聖弥 | 2位:藤本真人 | 3位:原敬志朗 | 4位:青野慧太 | 5位:杉山悠生
育成選手選択会議 1位:笹野裕生 | 2位:長谷部ロドリゴ | 3位:川野宏成 | 4位:佐藤涼真 | 5位:中田陸 | 6位:松川開人
Advertisement