この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


藤巻 崇広(ふじまき たかひろ、1990年12月5日 - )は、秋田県秋田市出身のプロ野球選手(外野手)。

来歴

プロ入り前

出生は新潟県柏崎市。小学生時代に母方の実家のある秋田市へ移住し、そこで野球を始めた。

中学、高校時代は強肩を生かして投手としてプレー。特に秋田東高時代は最速144キロの直球でエース兼4番打者として活躍し、2年秋の東北大会ではベスト4入りし、21世紀枠で出場を果たした。

宮城野学園大に進学後、外野手へ転向。2年秋からベンチ入りを果たし、通算5季で打率.296、2本塁打を記録した。

2012年ドラフトでは東海グランパスから6位指名され、入団。入団当初の背番号は65

プロ入り後

2013年は春季キャンプ、オープン戦ともに二軍で過ごした。二軍では外野手として早くからレギュラーに定着し、この年のフレッシュオールスターにも出場。シーズン終盤には一軍初昇格を果たし、25試合に出場してプロ初安打を放った。その活躍から、1年目にして早くも背番号を26に昇格させた。

2014年は主に外野のサブ要員として起用され、前年よりほぼ倍となる53試合に出場。この年にプロ初本塁打をマーク。

2015年は前年より出場機会を微増させ、55試合に出場。

2016年は4年目にして自身初めての開幕一軍入りを果たす。外野手陣では当初右翼手のレギュラーを任されていた新田拓也が4月中旬に戦線離脱したのに伴い、森良太郎上田真悟らと定位置争いを繰り広げた。藤巻自身は昨季までから引き続き外野手のサブ要員として起用される傍ら先発出場を増やし、最終的には自己最多90試合に出場。打率こそ.232と振るわなかったが、3本塁打15打点は自己最高を記録した。

2017年はその新田の復帰と許政豪の加入に伴い、スタメン出場が5試合と激減。それでも伊地知嘉治引退後の跡を引き継ぐ形でサブメンバーとして一軍に常駐し、最終的には57試合に出場している。

2018年は昨季に引き続き外野の守備要員としてプレー。51試合に出場し、チームのリーグ優勝・日本一を陰で支えた。

2019年は打撃不振で打率が2割を切り、出場機会も半減するなど不振を極めたシーズンとなった。

選手としての特徴・人物

50m6.0秒、遠投110mを計測するなど身体能力の高い選手。外野手経験は大学に入ってからと浅めだが、守備に関しては自身も現役時代名手として鳴らし、ともにプレーした経験もある伊地知嘉治をして「天性のセンスがある選手」と評した。

打撃は確実性に欠け、やや非力なのが難点。

詳細情報

年度別野手成績

















































O
P
S

2013 東海 25 39 35 6 0 0 0 6 1 1 0 1 0 3 0 0 8 1 .171 .237 .171 .408
2014 53 101 91 20 4 0 2 30 10 3 1 0 1 8 0 1 19 3 .220 .287 .330 .617
2015 55 157 140 34 3 1 1 42 6 3 2 2 1 12 0 2 34 3 .243 .310 .300 .610
2016 90 217 194 45 4 0 3 58 15 5 2 2 0 19 1 2 42 1 .232 .307 .299 .606
2017 57 32 27 5 1 0 0 6 2 2 1 2 0 3 0 0 8 1 .185 .267 .222 .489
2018 51 38 34 7 0 0 0 7 1 2 0 1 0 3 0 0 9 0 .206 .270 .206 .476
2019 25 17 16 3 0 0 0 3 0 0 1 0 0 1 0 0 5 0 .188 .235 .188 .423
NPB:7年 356 601 537 120 12 1 6 152 35 16 7 8 2 49 1 5 125 9 .223 .293 .283 .576

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 65(2013年)
  • 26(2014年 - )

関連項目

東海グランパス 2020
監督 74 安達真一郎
一軍
コーチ
77 高垣雅久(ヘッド) | 78 大森尚哉(投手) | 88 成田寿浩(投手) | 72 大嶺嘉久(打撃) |
83 吉川立美(打撃) | 84 中里賢(内野守備走塁) | 85 大石秀彦(外野守備走塁) |
87 岡崎一矩(バッテリー) | 92 小川猛也(コンディショニング) |
93 栖原直哉(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
75 伊地知嘉治(監督兼外野守備走塁) | 73 青木祐一郎(投手) | 76 山口敦哉(投手) |
86 長谷川元樹(打撃) | 80 早川照信(打撃) | 89 脇谷良照(内野守備走塁) |
84 水沢孝人(バッテリー) | 94 日笠裕典(コンディショニング)
三軍監督
・コーチ
71 北村昇平(監督兼外野守備走塁) | 91 荒川大輔(投手) | 96 吉森和樹(打撃) |
96 松原拓哉(内野守備走塁)| 97 児玉修一(バッテリー) | 95 高橋雅人(コンディショニング)
投手 11 関慶裕 | 12 藤井祥平 | 13 佐藤猛 | 14 櫻井政康 | 15 藤澤雅親 | 16 柿原翔也 | 17 新井優翔 |
18 桑原雄大 | 19 赤坂貴斗 | 20 長島勝広 | 21 川崎修汰 | 23 アンダーウッド | 27 野村将大 |
28 伊藤脩紀 | 29 鈴木隆太 | 30 井上雅哉 | 31 村田怜 | 32 山本悠太 | 33 テイラー | 34 大崎聖弥 |
36 高橋勝紀 | 39 藤本真人 | 40 河合基博 | 43 小山忠久 | 48 山崎龍太 | 49 ライアン | 51 原田貴典 |
55 青野慧太 | 60 平野翔悟 | 67 大野翔 | 70 荒木直矢 | 99 オルティーズ
捕手 2 結城智也 | 22 子日貴啓 | 38 西尾隼汰 | 52 原敬志朗 | 62 中山虎汰朗 | 63 高橋淳 | 65 諸木幸市
内野手 0 ラファエル | 1 清水聖貴 | 3 中野和之 | 4 梶原佳紀 | 5 小野塚将崇 | 6 桜井将希 | 9 渡辺和真 |
10 安川昂平 | 24 渡辺翔太 | 47 高谷祐希 | 50 内田真吾 | 53 坪内加津佐 | 54 祖父江優也 |
59 杉山悠生 | 61 森本洸佑 | 64 中田秀明
外野手 7 新田拓也 | 8 上田真悟 | 26 藤巻崇広 | 33 許政豪 | 37 牧野敬将 | 41 近藤凌介 | 42 バーネット |
45 山名星芽 | 56 原口陽太 | 57 稲垣大翔 | 58 石渡直樹
育成選手 201 広沢武蔵(投手) | 202 千田健太郎(捕手) | 203 伊良部宏次朗(内野手) |
205 長谷部ロドリゴ(外野手) | 206 川野宏成(外野手) | 210 本田健輝(投手) |
211 杉山達之助(外野手) | 212 花田広生(投手) | 213 笹野裕生(投手) | 214 中田陸(投手) |
217 高瀬知規(投手) | 220 松川開人(捕手) | 221 谷川公太郎(内野手) |
224 中島朋樹(内野手) | 227 佐藤涼真(内野手) | 228 岡田雄介(捕手) |
230 アリアス(投手) | 231 マルティネス(内野手) | 246 田中蓮斗(投手)
東海グランパス 2012年ドラフト指名選手
新人選手選択会議 1位:大塚能久 | 2位:山本悠太 | 3位:大山怜 | 4位:富田直樹 | 5位:魚住正雄 |
6位:藤巻崇広
育成選手選択会議 1位:沢木順司 | 2位:大内尚樹 | 3位:下田純太 | 4位:高木剣 | 5位:村田正良
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。