架空野球Wikiデータベース
Advertisement
この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


近藤凌介(こんどう りょうすけ、1984年9月27日 - )は、三重県四日市市出身のプロ野球選手(外野手)。

来歴

プロ入り前

三重県出身で、野球を始めたのは小学生時代。リトルリーグでプレーし、当時は投手だった。

名桜高に進学後、投手としては最速142キロのストレートを武器にエースとして、打者としては高校通算35本塁打の主砲として投打に活躍。2年夏は外野手としてレギュラーをつかみ、甲子園に出場したがこの年は初戦敗退。

2年秋からは4番でエースとして活躍し、3年春のセンバツでは2本塁打を放つ活躍でベスト4に進出。3年夏の甲子園では、県大会で3本塁打を放つ活躍を見せて2季連続で甲子園出場にチームを導くと、甲子園では本塁打こそなかったものの打率5割を超えるバッティングを見せる。ベスト8で岡田潤がいた埼玉・鴻桜社高を破るなど勝利を重ねて決勝に進出したが、その決勝では投手として乱調、優勝を逃し準優勝に終わった。

2002年ドラフトでは、3巡目で千葉マリンシャークスが外野手として指名して入団。入団当時の背番号は25

千葉マリンシャークス時代

ルーキーイヤーの2003年は二軍で英才教育を受け、96試合に出場し8本塁打を放つ。シーズン最終盤には一軍デビューを果たし、プロ初安打を記録した。

2004年は8月下旬に一軍に昇格し、積極的にスタメンで起用されて23試合に出場。この年、プロ初本塁打を含む3本塁打を放った。

2005年は6月に一軍へ昇格するが、昨季より結果を残せず出場機会も16試合に減少した。

2006年、二軍では打率が4割近くを記録する好調を維持し、5月上旬に一軍へ昇格。期待の若手として積極的にスタメンで起用され、打率は伸び悩んだが本塁打は自己最高の11本に乗せた。

2007年はオープン戦で活躍し、自身初の開幕一軍、開幕戦スタメン出場を飾る。そのまま好調を維持し続け、最終的には自己最多133試合に出場。規定打席到達を果たし、打率.266、26本塁打74打点を記録した。

2008年はフル出場を果たし、打率.271、31本塁打、88打点と打撃三部門すべてで昨季の自己記録を更新した。

2009年もフル出場を記録。打率は.260と前年を下回ったが、34本塁打と89打点で打撃二部門でキャリアハイを更新した。

2010年はシーズン途中に右手首を捻挫して一時登録抹消されたが、最終的には104試合に出場。規定打席ちょうどに打席を乗せたが、成績は下降した。

2011年は122試合に出場。この年導入された統一球の影響で、16本塁打と本塁打数が減少した。

2012年は138試合に出場し、打率.242、22本塁打62打点をマーク。

2013年は4年ぶりにフル出場を果たし、打率.285、36本塁打102打点を記録。自身初の打撃タイトルとなる打点王を記録した。

2014年は、6月上旬に死球で左手首を骨折し戦線離脱。その後も手首の状態が戻らず、シーズン終了まで一軍に復帰することがなかった。

2015年は昨季からの復活を印象付けるべくオープン戦で活躍したが、そのオープン戦終盤で右足アキレス腱を断裂。結局この年は、一・二軍ともに出場がなかった。

2016年はそのアキレス腱断裂から復活したが、打撃で精彩を欠き、38試合で打率.174と低迷。

2017年はケガが相次いで28試合と出場機会を減らした。

2018年は一軍出場がなく、オフに戦力外通告を受ける。翌2019年、春季キャンプのテストを経て、東海グランパスと契約した。

東海グランパス時代

移籍初年度の2019年は右の代打として期待され、2年振りに一軍出中を果たし41試合に出場。打率は.214と振るわなかったが、3本塁打を放つなどパワーは健在だった。

選手としての特徴・人物

詳細情報

年度別野手成績

















































O
P
S

2003 千葉 2 6 6 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .667
2004 23 73 70 12 1 0 3 22 8 0 1 0 0 3 0 0 17 1 .171 .205 .314 .520
2005 16 40 38 6 1 0 1 10 2 0 0 0 0 2 1 0 9 1 .158 .200 .263 .463
2006 70 251 237 49 7 0 11 59 34 1 2 0 1 11 0 2 42 6 .207 .247 .376 .623
2007 133 551 508 135 15 0 26 228 74 2 2 0 4 35 4 4 78 11 .266 .316 .449 .765
2008 144 582 538 146 25 1 31 266 88 2 1 0 5 35 6 4 81 9 .271 .318 .494 .812
2009 144 588 542 141 22 0 34 245 89 1 3 0 4 41 5 1 86 11 .260 .311 .489 .800
2010 104 446 402 103 14 0 26 195 71 1 2 0 6 35 5 3 76 6 .256 .316 .485 .801
2011 122 478 441 111 17 0 16 176 48 0 1 0 3 34 2 0 76 9 .252 .303 .399 .702
2012 138 549 505 122 14 0 22 202 62 0 0 0 3 41 4 0 96 6 .242 .297 .400 .697
2013 144 562 520 148 26 0 36 282 102 1 3 3 2 37 7 0 86 14 .285 .331 .542 .873
2014 68 283 259 72 8 0 13 119 35 0 0 0 3 19 2 2 43 6 .278 .329 .459 .788
2016 38 116 109 19 1 0 4 32 15 0 0 0 1 6 0 0 24 4 .174 .216 .294 .509
2017 28 42 39 9 0 0 2 15 5 0 0 0 0 3 0 0 9 3 .231 .286 .385 .670
2019 東海 41 90 84 18 2 0 3 26 14 0 0 0 1 5 0 0 16 2 .214 .256 .345 .601
NPB:14年 1215 4657 4298 1093 153 1 228 1929 647 8 15 3 33 307 36 16 741 89 .254 .304 .450 .757

タイトル

  • 打点王:1回(2013年)

表彰

  • ベストナイン:3回(2008年、2009年、2013年)
  • オールスターゲーム出場:7回(2007年 - 2013年)

記録

背番号

  • 25(2003年 - 2008年)
  • 1(2009年 - 2018年)
  • 41(2019年 - )

関連項目

東海グランパス 2022
監督 74 安達真一郎
一軍
コーチ
77 高垣雅久(ヘッド) | 78 大森尚哉(投手) | 88 成田寿浩(投手) | 72 大嶺嘉久(打撃) |
83 吉川立美(打撃) | 84 中里賢(内野守備走塁) | 85 大石秀彦(外野守備走塁) |
87 岡崎一矩(バッテリー) | 92 小川猛也(コンディショニング) |
93 栖原直哉(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
75 伊地知嘉治(監督兼外野守備走塁) | 73 青木祐一郎(投手) | 76 山口敦哉(投手) |
86 長谷川元樹(打撃) | 80 早川照信(打撃) | 89 脇谷良照(内野守備走塁) |
84 水沢孝人(バッテリー) | 94 日笠裕典(コンディショニング)
三軍監督
・コーチ
71 北村昇平(監督兼外野守備走塁) | 79 小山忠久(投手) | 82 近藤凌介(打撃) |
96 松原拓哉(内野守備走塁)| 91 高橋淳(バッテリー) | 95 高橋雅人(コンディショニング)
投手 11 関慶裕 | 12 藤井祥平 | 14 櫻井政康 | 15 藤澤雅親 | 16 柿原翔也 | 17 新井優翔 | 18 桑原雄大 |
19 丹羽大賀 | 20 尾崎輝 | 21 安達峻 | 23 アンダーウッド | 28 伊藤脩紀 | 29 マルシオ | 30 井上雅哉 |
31 村田怜 | 32 山本悠太 | 33 十文字蒼空 | 34 大崎聖弥 | 36 高橋勝紀 | 40 河合基博 | 41 西郷悠輔 |
43 浦田尚成 | 44 中田陸 | 48 風間由伸 | 49 ライアン | 51 原田貴典 | 55 青野慧太 | 60 平野翔悟 |
63 重本駿斗 | 65 高瀬知規 | 66 マーティンJr | 67 大野翔 | 69 アリアス | 70 荒木直矢 | 98 花田広生
捕手 2 結城智也 | 22 子日貴啓 | 38 西尾隼汰 | 52 原敬志朗 | 57 山内航基 | 62 水谷徹
内野手 0 ラファエル | 1 清水聖貴 | 3 中野和之 | 5 小野塚将崇 | 6 桜井将希 | 9 渡辺和真 | 10 安川昂平 |
24 渡辺翔太 | 47 高谷祐希 | 50 川島陽太 | 53 坪内加津佐 | 54 祖父江優也 | 59 杉山悠生 |
61 森本洸佑 | 64 日吉健汰 | 68 マルティネス | 97 佐藤涼真
外野手 4 スアレス | 7 新田拓也 | 8 上田真悟 | 25 稲垣大翔 | 35 ロドリゴ | 37 牧野敬将 |
42 バーネット | 45 山名星芽 | 46 吉竹力弥 | 56 原口陽太 | 58 石渡直樹
育成選手 201 広沢武蔵(投手) | 202 千田健太郎(捕手) | 203 小倉塁(捕手) | 204 三浦剛(内野手) |
205 太田一星(外野手) | 206 川野宏成(外野手) | 207 岩城俊也(外野手) |
208 木村良樹(内野手) | 209 林瑞樹(外野手) | 211 杉山達之助(外野手) |
213 笹野裕生(投手) | 215 嶋孝太(投手) | 216 大下将俊(投手) | 218 北村蓮(投手) |
219 田尻照喜(投手) | 220 丸山竜平(内野手) | 223 尾形幸太郎(投手) |
224 中島朋樹(内野手) | 225 松尾維斗(投手) | 239 藤本真人(投手) |
241 ミランダ(投手) | 242 バルデス(外野手)
Advertisement