Fandom


この記事では架空野球シリーズの架空の人物・団体等についての情報が記されています。現実の人物・団体等とは一切関係ありません


関 慶裕(せき よしひろ、1987年2月5日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手(投手)。

来歴

プロ入り前

相模台高時代は県大会ベスト4が最高で、甲子園出場経験はなし。

関西工科大に進学後、1年秋からベンチ入りを果たしリリーフとして活躍。通算30試合に登板し、17セーブをマークした。2008年ドラフトで東海グランパスから単独1位指名を受け、入団した。

プロ入り後

2009年、春季キャンプでは一軍に帯同するも、オープン戦で結果を残せず二軍落ち。4月のウエスタン・リーグの試合で登板中に打球直撃を受けて左足首を骨折し復帰がさらに遅れた。6月に戦列復帰した後は二軍で順調に登板数を重ね、9月に一軍初昇格。この年は6試合に登板し、1ホールド、防御率4.34をマークした。

2010年は開幕一軍入りを果たすも、登板なく4月1日に登録抹消。その後6月にリリーフ要員として一軍に昇格し19試合に登板したが、7月に疲労を理由に登録を抹消されて以降は一軍に復帰できなかった。

2011年は開幕こそ二軍スタートだったが、5月に一軍昇格を果たすと好投を続けて定着。この年は自己最多34試合に登板し、プロ初勝利とプロ初セーブも記録した。

2012年はセットアッパーに定着して自身初の50試合登板を果たし、12ホールドをマーク。

2013年は前年を上回る56試合に登板、8回を任されて28ホールドをマーク。

2014年もセットアッパーとして、53試合に登板。前年を上回る34ホールド39HPをマークしたが、タイトルには届かなかった。

2015年は58試合に登板、防御率1.91と初めてシーズン1点台を記録。抑えを務めていた長島勝広の不振もあって途中からはケント・ディクソンと交互に抑えを担当し、7セーブ23ホールドをマークした。

2016年は中盤に軽度の肉離れを発症して43試合登板に留まり、4年連続で続いていた50試合登板が途切れた。それでも防御率は2点台と安定している。

2017年は自己最多63試合に登板、44HPをマークして自身初タイトルとなる最優秀中継ぎを受賞した。

2018年は当初抑えを任される予定で、開幕直後は抑えとして起用されたが、4月上旬にいきなり右足首を捻挫。登録抹消中に櫻井政康が守護神に定着したため、10日で最短復帰した後は昨季までと同じくセットアッパーとして登板を重ねた。この年は60試合に登板し5勝1敗3セーブ36ホールドを挙げ、通算400試合登板、通算200ホールドを達成。2年連続で最優秀中継ぎのタイトルを受賞しチームの優勝・日本一に大きく貢献した。

選手としての特徴・人物

最速149キロのストレートと鋭く落ちるスプリットが武器。2011年に一軍に定着して以降は大きなケガもなく、シーズン50試合登板を5回達成しているタフさが魅力の投手。

球界屈指の軍艦マニアとしても知られ、それと自身の安定感ある投球をひっかけて東海の不沈艦と渾名されることもある。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P

2009 東海 6 0 0 0 0 0 0 0 1 .--- 5.2 8 1 3 0 0 3 0 0 3 3 4.76 1.94
2010 19 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 16.0 20 1 4 0 1 10 0 0 7 7 3.94 1.50
2011 34 0 0 0 0 1 2 1 8 .333 29.1 26 2 6 0 0 21 0 0 12 11 3.38 1.09
2012 50 0 0 0 0 3 2 0 12 .600 46.2 34 3 15 0 0 38 1 0 15 14 2.70 1.05
2013 56 0 0 0 0 2 3 0 28 .400 54.0 46 3 15 0 1 38 2 0 18 16 2.67 1.13
2014 53 0 0 0 0 5 1 2 34 .833 55.1 36 2 18 1 0 39 1 0 17 14 2.28 0.98
2015 58 0 0 0 0 2 0 7 23 1.000 61.1 38 2 18 0 2 56 3 0 15 13 1.91 0.91
2016 43 0 0 0 0 4 4 1 25 .500 46.0 44 3 12 0 3 44 1 0 16 15 2.93 1.22
2017 63 0 0 0 0 4 2 1 40 .667 63.2 43 1 14 0 0 64 0 0 17 14 1.98 0.90
2018 60 0 0 0 0 5 1 3 36 .833 58.1 48 2 11 0 0 60 2 0 12 11 1.70 1.01
NPB:10年 442 0 0 0 0 26 16 15 210 .619 436.1 343 20 126 1 7 373 10 0 132 118 2.43 1.05

タイトル

  • 最優秀中継ぎ:2回(2017 - 2018年)

表彰

記録

  • オールスターゲーム出場:4回(2014 - 2015年、2017 - 2018年)

背番号

  • 11(2009年 - )

関連項目

東海グランパス 2019
監督 80 山崎靖彦
一軍
コーチ
74 安達真一郎(ヘッド) | 78 石川孝克(投手) | 77 高垣雅久(投手) |
72 大嶺嘉久(打撃) | 90 大村充彦(打撃) | 84 中里賢(内野守備走塁) |
85 大石秀彦(外野守備走塁) | 87 岡崎一矩(バッテリー) |
92 小川猛也(コンディショニング) | 93 栖原直哉(コンディショニング)
二軍監督
・コーチ
83 吉川立美(監督兼打撃) | 88 成田寿浩(投手) | 76 山口敦哉(投手) |
86 長谷川元樹(打撃) | 89 脇谷良照(内野守備走塁) | 75 伊地知嘉治(外野守備走塁) |
84 水沢孝人(バッテリー) | 94 日笠裕典(コンディショニング)
三軍監督
・コーチ
71 北村昇平(監督兼外野守備走塁) | 91 荒川大輔(投手) | 96 吉森和樹(打撃) |
96 松原拓哉(内野守備走塁)| 97 児玉修一(バッテリー) | 95 高橋雅人(コンディショニング)
投手 1 ペーニャ | 11 関慶裕 | 12 藤井祥平 | 13 佐藤猛 | 14 櫻井政康 | 15 藤澤雅親 | 16 大森尚哉 |
17 新井優翔 | 18 桑原雄大 | 19 赤坂貴斗 | 20 長島勝広 | 21 川崎修汰 | 25 オルティーズ | 27 野村将大 |
28 伊藤脩紀 | 29 鈴木隆太 | 30 井上雅哉 | 32 山本悠太 | 34 大崎聖弥 | 35 山本礼央 | 36 高橋勝紀 |
39 藤本真人 | 43 小山忠久 | 45 青木祐一郎 | 46 田中蓮斗 | 48 山崎龍太 | 49 高野泰章 | 51 原田貴典 |
55 青野慧太 | 66 ディステファーノ | 70 荒木直矢
捕手 2 結城智也 | 22 子日貴啓 | 38 西尾隼汰 | 52 原敬志朗 | 62 中山虎汰朗 | 63 高橋淳 | 65 諸木幸市
内野手 0 ラファエル | 3 中野和之 | 4 梶原佳紀 | 5 小野塚将崇 | 6 桜井将希 | 9 渡辺和真 | 23 伊良部宏次朗 |
24 渡辺翔太 | 31 園田直人 | 40 安川昂平 | 47 高谷祐希 | 50 内田真吾 | 53 坪内加津佐 | 54 祖父江優也 |
58 佐々木源太 | 59 杉山悠生 | 64 中田秀明
外野手 7 新田拓也 | 8 上田真悟 | 10 森良太郎 | 26 藤巻崇広 | 33 許政豪 | 37 牧野敬将 | 41 近藤凌介 |
42 バーネット | 44 カストロ | 56 原口陽太 | 57 稲垣大翔 | 99 工藤光磨
育成選手 201 石野達弥(投手) | 202 三輪勇気(投手) | 205 長谷部ロドリゴ(外野手) |
206 川野宏成(外野手) | 208 真田匡(内野手) | 210 本田健輝(投手) |
211 杉山達之助(外野手) | 212 田中勇昇(投手) | 213 笹野裕生(投手) | 214 中田陸(投手) |
217 高瀬知規(投手) | 220 松川開人(捕手) | 221 谷川公太郎(投手) | 222 柴山佑都(捕手) |
223 平野翔悟(投手) | 224 中島朋樹(内野手) | 227 佐藤涼真(内野手) | 228 岡田雄介(捕手) |
230 アリアス(投手) | 231 マルティネス(内野手) | 267 大野翔(投手)
東海グランパス 2008年ドラフト指名選手
1位:関慶裕 | 2位:xxxx | 3位:xxxx | 4位:長谷川元樹 | 5位:上田真悟
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。